toggle
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016-05-24
父親の会社の倒産で荷物をまとめて夜逃げ。その先に待っていたのは…

父親の会社の倒産で荷物をまとめて夜逃げ。その先に待っていたのは…
46190 pv

帰れる家を持つために父親は自己破産、彼は?

家を出てから半年後、
ようやく父親と向きあう覚悟を決めました。

元の家のある場所に戻り、
家や負債の処分をしっかりしてこよう、
迷惑をかけた人達に謝って、
せめて自己破産の手続きをしようと父親を説得しました。

父親の説得には時間がかかりました。

私自身もどうしたらいいのか分からないスタートでしたから、
たくさんの人に助けてもらいました。

ようやくすべての処理が済んだのは、
夜逃げをしてから一年ほど経っていました。

住民票も移し、正式に引越しをすませました。
私はアルバイトをしながら、正社員の職を探し、
小さい会社ですが正社員になることもできました。

家族で話し合って、父には家事をしてもらうことにしました。
元々料理好きの父は家の仕事を楽しそうにやるようになりました。

そして、一年間音信不通になってしまった彼に連絡しました。

彼は親友から事情は聞いていたそうですが、
私の心情を察して、私から連絡が来るまで待っていてくれていたのです。

それから3年間遠距離恋愛を続け、
その後、私は彼と結婚することができました。

夜逃げする時に彼に連絡できなかったこと。
父親が沈み込んで生きる気力をなくしてしまったこと。
それらはすべて過去から逃げたせいで、
過去に引きずられていたからだと実感しています。

どんなに辛い過去でも、自分の歩んできた道は、
自分で責任をとる必要があるのです。
そうでなければ前に進むことはできません。
この先の人生にも苦境が来るかもしれません。
その時には怖がらずに、しっかり向き合いたいと心底から思います。

   

みなさんにこの出来事を通じて伝えたいことは何ですか?

自分でやってしまった失敗をなかったことにするのではなく、しっかり向き合い反省し、謝罪しなければ、そのことにとらわれて先へ進むことはできません。 他人をだますことはできても、自分自身の良心に嘘をつくことは出来ないからです。 自分にとって大事な人がひとりで苦しんでいる時には、自分が勇気を出すことが、大事な人の勇気になることもあるのです。一緒に苦しんで、一緒に笑える人がいることは、一生の宝物になります。大事な人を守ることができるのもまた喜びになるはずです。
1 2 3
記事提供:直江さん

249planet みんなの体験談で井戸端会議

父親の会社の倒産で荷物をまとめて夜逃げ。その先に待っていたのは…

この記事が気に入ったらいいね!しよう

249planet最新記事をお届けします

共感できましたら下記ボタンよりシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もう1記事いかがですか?

Comment

Comment





Comment