toggle
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015-07-23
あわや山火事の大惨事に!子供ながらに咄嗟の機転で消火に成功したが…

あわや山火事の大惨事に!子供ながらに咄嗟の機転で消火に成功したが…
6151 pv

子供の頃の遊びで興奮を覚えたのは、少し離れたところに出かけたり、秘密基地を作ったりと何と言っても冒険でした。今回の体験談は、冒険心がちょっと行きすぎてあわや山火事になるところだったお話です。

あれは小学5年生の頃でした。
友達の家の裏が広大な山林で、よく山の中をみんなで探検して遊んでいました。

その日も私と友達3人の計4人でいつものとおり目的もなく山の中へ探検に出掛けました。
それぞれ探検に必要な武器(ちょうどいい木の棒やロケット花火に爆竹など)を持ち、出会うはずのない敵や
動物を警戒しながら山を進んでいきます。

ある程度山の奥にさしかかった所に枝ぶりのよい大きな木がありました。
その木の上に秘密基地を作ろうという事になりました。

山の中には工事関係者が置いて行ったと思われる板やヒモなどがある所があり、そこまで必要な物資を取り
に行きました。
物資を木の上に運び上げなんとか展望台のようなものを作り上げました。

木の上にあるので見晴らしは最高のはずなんですが周りのどこを見ても木で高い所にいるだけになってしまい
ました。

最初こそ4人で木の上から周囲を見回したり、敵や動物はこないかを警戒したりして楽しんでましたがいいとこ
カラスが飛んでるぐらいでした。

さすがにみんな飽きてきたところに友達の一人が爆竹に火をつけ下へ投げ捨てて遊び始めました。
みんなそれに続き爆竹に火を点け次々に投げ捨てました。
山に響き渡る爆竹の音が勇ましく怖いものなどなにもない来るなら来いと何も来ないのにみんなそれぞれ強く
なった気分を味わっていました。

爆竹のおかげでかなりテンションが上がっていたところに今度は誰かがロケット花火を空に向かって打ち上げました。
「うぉーロケット花火スゲー」って事で次は全員でロケット花火を展望台の上から空に向かって次々に打ち上げました。

そんな中ロケット花火を下に向かって打つやつがいました。
季節は秋。
下には枯れ草がたくさん落ちています。
なんかやばいなーと思ってはいたのですがとうとうその時がきました。

「なんか白くね?あれっ煙出てるっ!火だっ!」と誰ともなく叫びました。
パチッパチッと火が燃える音が聞こえてきます。
どうしてよいか分からずおどおどしていると一人が木の下へジャンプして飛び降りていきました。
そいつは足で火を踏んで一生懸命火を消そうとしていました。

私達3人もこれはマズいと木を飛び降りました。
火を消すには水ですがそんなものはどこにもありません。

他になにかないか小学生が考えた結果「砂」を火にかけまくって消すでした。
山は坂になっており私達が作った基地より上に行くと車が通れる道に乾いた土がありました。
3人でそこへ行きがむしゃらに砂というか乾いた土を火元へ向かってかけてかけてかけまくりました。
途中下の方でなにかを叫んでいる声が聞こえてきました。

少し動きを止めてよく聞いてみると先に足で火を消してた一人が「やめろっって!」と叫んでいるようです。
みんなの「あっ」という顔が今でも忘れられません。

ですがそこは小学生今度はおふざけモードに突入してとっくに火は消えてるのに飽きるまで土を上からかけまくって3人は大爆笑でした。

下から帰ってきた友達は頭の先からつま先まで全身真っ白でしたが顔が真っ赤なのは分かりました。
すごく怒るだろうなぁと思っていたのですが、距離があったので私達の爆笑は聞こえておらず「もう消えたって!」とちょっとカッコよく言いました。

「あぁ消えたの!よかったぁ。焦ったー」などとすでに一息ついたぐらいでしたがなんとか名演技で乗り越えました。

その後私達3人は十分笑ったので満足し、土まみれになった友達は本当に疲れてたので帰ろうという事になり
来た道を戻りました。

途中思い出し笑いが止まりませんでしたが、土まみれになった友達だけは私達と違った感覚で笑っていたと思います。
あの時は無事に火を消し止められたので今となっては笑い話ですが、本当に火事になってたらと思うとゾッとします。

子供時代はある程度のやっていい事と悪い事は理解しているのですが、結果までを予測して行動するなんて事は
頭にこれっぽっちもありませんでした。
なんでも実際に自分で試したり経験したりしないと気が済みませんでした。
トノサマバッタを採ってお尻に紐を結んで飛ばしたり、スズメを本気でタライで捕まえようとしたり今思えば酷い事も当時は微塵も酷いなんて考えませんでした。

でもそんな身近で小さい生き物からたくさんの事を学べてたんだと思います。
友達と一緒にいられる時間が楽しくて一分でも長く一緒に遊んでいたいと思っていたあの頃がひどく懐かしく感じるおじさんなのでした。

記事提供:pipoji55さん

249planet みんなの体験談で井戸端会議

あわや山火事の大惨事に!子供ながらに咄嗟の機転で消火に成功したが…

この記事が気に入ったらいいね!しよう

249planet最新記事をお届けします

共感できましたら下記ボタンよりシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もう1記事いかがですか?

Comment

Comment





Comment