toggle
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015-09-10
小児科病院で誤診、高熱の新生児をすくった母親の冷静な行動とは?

小児科病院で誤診、高熱の新生児をすくった母親の冷静な行動とは?
17978 pv

入院して4日目位だったと思います。

面会時間に病院へ行くと先生からお話しがありますといわれ、個室へ呼ばれました。
担当医の先生は私の顔を見て「お母さん、もう大丈夫ですよ、熱の原因がわかりました」と言われ、
咄嗟に「何か原因だったのですか?」と聞きました。

先生がおっしゃるには熱の原因がどこだかを調べなくてはいけない中で10年前に一度だけこのような症状の子を診察した経験があり、どこか傷口がないか調べたそうです。

娘はなんと頭に血腫ができており、そこからばい菌が入って熱が出ていたのです。菌は大腸菌だという事でした。

血腫が何故できたかは不明だという事でしたが、菌の種類と傷口がわかれば、時間はかかりますが、完治しますと言われ、本当うれしくてに神様ありがとうございますと感謝しました。

やはり、便秘は誤診だったということがわかり、この小児科病院を受診して本当によかったと思いました。

治療が決まって、新生児なので、弱い点滴で菌を殺し、血腫は注射で血を抜いていきます。頭に新生児が注射されている姿は親として目を覆いたくなる光景です。

しかしながら、こんな状況でも娘の食欲は旺盛でミルクの量もどんどん増えて順調に体重も増えていきました。入院から約3週間でもう退院しても大丈夫ですよとお医者様に言われやっとこれで普通の生活ができるんだと思い、ほっとしました。

今思えば、熱を出した事を気づき病院へ連れて行き、最初の病院は話になりませんでしたが、娘の症状を10年前に1度だけ診た事があるというお医者様の所へ導いてくれたような気がしてなりません。
大げさではなく新生児なので、このまま他の経験のない医師が担当したらどうなっていたかわかりません。

生命力たくましい娘は現在23才で大きな病気ひとつせず育ちました。

1 2 3 4
記事提供:ムーンライトさん

249planet みんなの体験談で井戸端会議

小児科病院で誤診、高熱の新生児をすくった母親の冷静な行動とは?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

249planet最新記事をお届けします

共感できましたら下記ボタンよりシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もう1記事いかがですか?

Comment

Comment





Comment