toggle
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016-03-07
公園にある子供遊具であわや両指切断する大事故になるところだった

公園にある子供遊具であわや両指切断する大事故になるところだった
28939 pv

ロープと丸太の遊具の滑車で指切断の恐怖との戦い

そして本当の恐怖はこれから始まったのです。
私がロープに捕まったところは、ほとんど傾斜のなかったので、
自分の体重のせいで、ロープが沈み、ゴンドラがゆっくりと戻ってきたのです。

しかもゴンドラは人が乗る重さを考慮してか滑車からの支柱が曲がっていたので、
一番最初に私に近づいてきたのは、なんとゴンドラの滑車の部分でした。

ゴンドラに飛び移ろうとしても、距離があり、友達ものっていたし、とてもできません。
このままではロープに捕まっている指が、滑車で全部切断されてしまいます。

どうしていいのかわからずパニックになってしまいました。

そしてゴンドラの滑車が指に近づいてきて、もう限界になった瞬間、
私は握っていたロープをパッと離したのです。
そのときは何も考えていませんでした。ただ単に指が切断されたくないという本能だけで、体が勝手に動きました。

その瞬間、私の体は、はるか下の地面に叩きつけられました。
先生や友達が何かいいながら近づいてきていますが、よくわかりません。
「お兄ちゃんが!お兄ちゃんが!」という弟の声だけが聞こえました。

そしてフッと我に返ったら、なんと奇跡的に擦り傷だけの軽傷だったのです。
骨折どころか、打撲すらありませんでした。

なぜあんな高いところから落ちて、それだけの軽傷だったのか理由はよくはわかりませんが、
地面が草の生えたやわらかい土だったこと、
そして足から着地して衝撃を体全体で受け止められたこと、
そして子供だったので骨に柔軟性があって、しなって衝撃を逃がしたこと、
など今思えば、いろいろな要素が重なって起こった奇跡だったのかもしれません。

1 2 3

249planet みんなの体験談で井戸端会議

公園にある子供遊具であわや両指切断する大事故になるところだった

この記事が気に入ったらいいね!しよう

249planet最新記事をお届けします

共感できましたら下記ボタンよりシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もう1記事いかがですか?

Comment

Comment





Comment