toggle
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016-01-14
交通事故で失明!ちょっとした油断が一生完治しない怪我を引き起こす

交通事故で失明!ちょっとした油断が一生完治しない怪我を引き起こす
19721 pv

ちょっとした油断で交通事故を起こし、失明してしまった男性のお話し。なぜ油断してしまい、交通事故で失明してしまったのでしょうか?

私が交通事故を起こしたのは18歳の時でした。

もう30年以上前の話しになります。

専門高校を卒業して建築会社に就職が決まり、
現場監督として仕事をしていました。

車の免許は学生時代に夜間の部で取得していました。

最初は現場までバイクで通っていたのですが、
中古の車を買ったので車通勤に変えました。

現場は河川工事で、
仕事の内容は現場の安全管理と職人さんの仕事のサポートです。

就職したばかりなので、戸惑いましたが、仕事は楽しかったです。

元々働くことが大好きでしたので、
段取りも早く覚えていきました。

家業が建築関係なので小さな頃から手伝わされていました。

そのお陰か、高校生の時から現場に慣れていました。

しかし、現場監督になって自分が作業するのではなくて、
管理する立場にあまり慣れてはいませんでした。

工事が進む中で、
護岸の土が崩れることが度々ありました。

壁面にブロックを積んでいくのですが、
その前に掘削作業があります。

その後でブロックを積むのですが、
途中で地面にひびわれが起こるのです。

その度に下で働いている人に知らせて、
避難させなければいけませんでした。

その緊張は新入社員の私にはかなりの疲労を与えていました。

視力検査でかなり視力が落ちていたことを覚えています。

病院ではかなり緊張と疲労が続いているからだと言われました。

しかし、その頃の私は自分が疲れていることに気がつきませんでした。

いつものように仕事に行き、
夜6時ごろに現場を車で帰路につきました。

途中で喫茶店に寄って、
コーヒーを飲むのが習慣でしたが、
この日は寄りませんでした。

自宅に個人的に用事があったので、
早く帰りたかったのです。

1 2 3

249planet みんなの体験談で井戸端会議

交通事故で失明!ちょっとした油断が一生完治しない怪我を引き起こす

この記事が気に入ったらいいね!しよう

249planet最新記事をお届けします

共感できましたら下記ボタンよりシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もう1記事いかがですか?

Comment

Comment





Comment