toggle
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015-06-14
親の責任か施設の責任か?子供の不祥事、一体誰が責任を取ってくれるのか?

親の責任か施設の責任か?子供の不祥事、一体誰が責任を取ってくれるのか?
8227 pv

4〜5歳くらいの言葉も話せるくらいで何でも興味を持つようになる年頃の子供。ちょっと目を離した隙に常識を疑うくらいのことを平気でやってしまったりします。親のしつけ次第と思いますが、4、5歳くらいの子であれば、分別がついているはずなのですが。

最近、車でよく行くスーパーで親と一緒に前にいた3人の子供のうち、1番小さな子が自分達のレジが終わった後なのに自分達の買った商品のバーコードをハンディータイプのバーコードを読む機械で読み取らせて、私もその商品を買った事になり、かなり驚きました。

帰ってからいつもレシートは見ないのですが、たまたまレシートを見てみると1番最初に我が家では絶対に買わない、そして買っていない商品名が載っていました。

それを見た私は、そういえばレジに並んでいる時に前に並んでいた子が、ハンディータイプのバーコードを読む機械を触っていて一緒懸命何かをしていたのを思い出しました。

その時はまさかバーコードを読み取らせる事など考えもつきませんでしたが、あの時商品をバーコードに読み取らせていたみたいで、その子の親とお店の方がちょうどお金のやりとりをしている間の出来事だったようです。

バーコードを読み取るとピッという音もしますがスーパーはとにかくお客さんも多く、レジも10数台並んでいます。店内もザワザワ、BGMも流れているので全く聞こえませんでした。
その子は分かっているのかどうかは知りませんがそのまま親に呼ばれて行きました。

お店の方も気付いていないのでそのままレジをして私も会計をしました。
いつも1週間〜10日分位をまとめ買いしているのでその時は金額の多い少ないは分かりませんでした。

お店の方もその子の親も、そして私も気付かなかったのですが、帰ってレシートを見た私は何だか心がモヤモヤしました。もしやと思い買い物をした商品を見ましたが何処にもありませんでした。

そのスーパーはよく行くスーパーなのですが車で約10分程かかります。そこまで遠くはないのですが、子供がチャイルドシートを嫌いな様で車に乗せるとすぐに泣きだします。いつもだましだましで車に乗せています。

このスーパーはとにかく商品が豊富で生鮮食品も他のスーパーに比べて新鮮で安いのでガソリン代がかかっても、子供がグズってもそのスーパーに買い物に行っています。

お客さんも多く、駐車場もすぐに混み合うので車嫌いの子供がいる私には行くのに気合いがいります。
家族の為に、少しでも安くていいものをと思って買い物をしているのに、買っていない商品の(安いものではない商品でした)代金を支払っている事に腹が立ちました。
腹を立てても解決する事ではないのですが、どうしようもない事にまたモヤモヤしました。
しかし、そう簡単に行けるスーパーでもなく子供もグズるので行けず、結局そのままに。

子供に悪気がないのも分かります。ハンディータイプのバーコードを読み取らせる機械を触っている時に注意しなかった私もいけないと思いました。ただ小さな子と言っても4,5歳位だったので、してはいけない事位分かると思います。

たかが一つの商品代金ですがうちでは高い商品の部類に入ります。しばらくモヤモヤする日が続きました。
そして今回の事で下の子をしっかりと育てようと思いました。

上の子は自分では厳しく育てたつもりなので、お店に行ってもお店の、ましてレジにあるものを触った事がありませんでした。
言ったら分かる子だったので良いことと悪い事の区別はついていると思います。

今は小学校高学年なのでこれからも人様に迷惑をかけないように厳しく育てるつもりです。
ただ、下の子はまだまだこれから。ダメな事、良い事などわからないので今回の件で逆にいい勉強をさせてもらったと思いました。
親の知らない所でも人様に迷惑をかけないようにしっかりと育てたいと思います。

ちょっと目を離した隙に子供は、興味本意でなんでもしてしまいます。
主婦にとっては、たったの1円でも安いものがあれば、遠くのスーパーまで買い物に行きたいものです。
だからこそ、買ってもいないものがレシートに計上されていたら、とても腹が立ちます。
子供の失態は一体誰に苦情を言えばよかったのでしょうか?
なんだかとても腑に落ちない経験だったと思います。

記事提供:totominさん

249planet みんなの体験談で井戸端会議

親の責任か施設の責任か?子供の不祥事、一体誰が責任を取ってくれるのか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

249planet最新記事をお届けします

共感できましたら下記ボタンよりシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もう1記事いかがですか?

Comment

Comment





Comment