toggle
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016-01-10
川で溺れた私と火事場で倒れていた男性との接点は?驚愕の事実が判明!

川で溺れた私と火事場で倒れていた男性との接点は?驚愕の事実が判明!
9957 pv

川で流されている子供を発見したとき、あなたは咄嗟に助け出すことができますか?
もしかしたら自分が溺れて命を失ってしまうかも知れません。
もし助けに向かわなければ、子供が命を失ってしまうかも知れません。

これは私が小学2年生の、8歳の時から話は始まります。

8歳の夏休み、
私は両親とそれから1歳年上の兄と共に
自然豊かなキャンプ場へ来ていました。

そこで1泊する予定で、
両親がバーベキューの準備をしている間に
私と兄はその近くにあった川辺で遊んでいたのです。

そこは上流だったのと、
その時私達家族以外に人はいませんでした。

両親には川へ入らないようにときつく言われていましたが、
私はつい兄の目を盗んで川の中へ入ってしまいました。

すると前日の大雨で増水した川はとても深く流れも急で、
両親と兄が気づいた時にはもう遅く、
私はそのまま下流へと流されてしまいました。

下流には大きな滝があり、
きっと両親は戦慄したでしょう。

しかし私は中流にいた、
釣りにきていた観光客らしきグループの方に助けられました。

すぐ両親と兄がやってきて、
そのまま観光客の方が呼んだ救急車で病院へ連れていかれたので、
お礼も碌に言えないままだったそうです。

私は川で溺れた時の記憶が曖昧で、
助けてくれたのは中学生くらいの年の頃の、
右の腕に痣のある男の子、としか覚えていませんでした。

それから大人になり、
友人達と共にショッピングに出かけていたある夏の日の事です。

20歳の誕生日祝いに食事へ行こう、という事になって、
私達は飲食店へと入ったのです。

食事を楽しんでいると、どこからか煙の臭いがしてきました。

初めはキッチンで何か焼いているのか、
と思ったのですが、店内が白く煙ってきたのです。

何だろうと思いふと煙のきている方を覗きました。

すると、トイレのドアの中から煙が出てきているのです。

そこは男性用トイレだったのですが、
咄嗟に行きドアを開けると、個室から火が出ていました。

消火器を探したのですが見当たらず、
すぐに大声で「火事!早く外へ出て!」と叫びました。

お店の従業員の人がそれに気づいて、
店内のお客さんを外へと誘導しました。

しかしその時に、
奥から「まだ○○が中にいる!消火してる!」という声が聞こえたのです。

1 2 3

249planet みんなの体験談で井戸端会議

川で溺れた私と火事場で倒れていた男性との接点は?驚愕の事実が判明!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

249planet最新記事をお届けします

共感できましたら下記ボタンよりシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もう1記事いかがですか?

Comment

Comment





Comment