toggle
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-06-29
6月の季節の挨拶のために、料理人は旅に出る

6月の季節の挨拶状の材料を探すために、旅に出るという貴重な時間を使ってみませんか?
4842 pv

季節の挨拶は散歩道で贅沢に探す

では気を取り直して、他にも言葉の食材を探しましょう。
下ばっかり見てないで、上も見なくては。
それは人生です。でも、文字通りの意味でもそうです。
公園を通っている時に上を見ると何があるか?春にはピンクだった桜の木が、いまでは緑の葉を広げています。

あ、そうか。「梅雨にはまだ早いのに、桜の木はもう傘を差しています。きっと新しい緑色の傘を使いたくてしょうがないのでしょう」
そんなこんなでようやく帰宅。

どちらかというとインドア派なので疲れています。
お腹も空いています。
でも心のポケットにはたくさんの言葉が入っています。調理台ともいうべき机に、ノートを広げていざ調理開始です。
使い込んできたペンはキラリと光り、ノートの上には言葉が静かに並べられていきます。
これから下味を、いや下書きをするのです。腕がなります。

さて手紙を書くときにいつも気付かされるのは“季節の挨拶は生でなくてはダメだ”ということです。
季節ごとに言葉を摘んで、自分の味付けをして届けたいですよね。
せっかくの作品なんですから、絶品の一皿に仕上げてお届けしたいです。

   

みなさんにこの出来事を通じて伝えたいことは何ですか?

伝えたいことがある、すべての人たちへ。ネットから借りてきた言葉をそのまま使うのもいいけれど、自分で感じた本物の言葉を使うのはもっと良い。言葉を探す楽しさも、自分の心で季節を味わう喜びも知ってほしいです。
1 2 3
記事提供:ブルーエルフィンさん

249planet みんなの体験談で井戸端会議

6月の季節の挨拶のために、料理人は旅に出る

この記事が気に入ったらいいね!しよう

249planet最新記事をお届けします

共感できましたら下記ボタンよりシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もう1記事いかがですか?

Comment

Comment





Comment