toggle
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-06-29
6月の季節の挨拶のために、料理人は旅に出る

6月の季節の挨拶状の材料を探すために、旅に出るという貴重な時間を使ってみませんか?
4843 pv

ネットでは検索できない季節の挨拶

私はネットのページを閉じ、頭を抱えます。
気分は繊細な舌を持つ一流の料理人です。

手紙という究極の一皿のための、上等な言葉の食材が手に入らないのです。
大切な人への手紙に、定型文すなわちインスタントの文なんてもってのほかです。
ではどうするか?自分の足で調達しに行くしかありません。

かくして言葉の料理人は旅に出るのです。
とっても短い旅なので、人はそれを散歩とも呼びます。
6月の今まず探すのは紫陽花です。
だって「紫陽花が咲いていますね」と書きたかったら、まず本当にこの目で見ておかないといけません。
嘘はいけませんからね。念のため傘を片手にいざ出発です。

しばらくすると、うれしいことに遊歩道で紫陽花の気配を察知。
あの大きな葉っぱはそうに違いありません。
うきうきを足で表現しながら近づきます。

しかし、ああ何ということでしょう。硬そうな蕾。まだ咲いていないのです。
とはいえこれも季節の挨拶の原料にはなるでしょう。

料理人は心のポケットに言葉を摘み取って入れていきます。
「空は曇っていますが、紫陽花は照れているようです」と。そこでふと思います。
もしや自分がステッキの代わりに傘を持ったチャップリンのような足取りで近付いてしまったばっかりに、紫陽花は恥ずかしがって閉じてしまったのではないか?いやそんなはずはない、と信じたい。

1 2 3

249planet みんなの体験談で井戸端会議

6月の季節の挨拶のために、料理人は旅に出る

この記事が気に入ったらいいね!しよう

249planet最新記事をお届けします

共感できましたら下記ボタンよりシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もう1記事いかがですか?

Comment

Comment





Comment