toggle
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015-06-27
人生最大の人間違い、恥ずかしい限界を超えた後味悪い結末が。

人生最大の人間違い、恥ずかしい限界を超えた後味悪い結末が。
9452 pv

人間違いをするととても恥ずかしいですよね。今回のお話しはただの人間違いではない、もっともっと恥ずかしい人間違いです。大人になっても後悔してしまうほどの人間違いとは…?

あれはおそらく幼稚園に通っていた時のことです。
夏休みに入って、当時住んでいたところの近くに新しくごみ処理場の熱を利用して作られた温水プールができて、新しいもの好きな私たちは「ちょっと行ってみようか!」ということになり、母親と、2歳年下の弟と私の3人で遊びに行きました。

温水プールというもの自体が初めてで、屋内なので暑すぎず快適で、すごく楽しかったです。
たくさんプールで泳いだ後、更衣室に戻ってきた時の事です。

更衣室の中にさらにカーテンで試着室のように仕切られた脱衣所がありました。
その脱衣所に母と弟と3人で入ってから、私は荷物をロッカーに忘れたことに気づきました。
「ここで着替えてるから忘れ物取っておいで。」
と母親に言われ、一人で取りに行きました。

無事にロッカーの荷物を取り出せて戻ろうとすると、どの脱衣所も外見が同じなので、まだ幼かったこともあり、どこが母と弟のいる脱衣所かわからなくなってしまいました。

ここかなぁ?いや、違うなぁ。しかし引っ込み思案な私は「おかあさーん!」と大声を出すこともできず・・・。
ウロウロして探し回りましたが、やはりどこかわからない。
しかし、カーテンの下からおそらく母だろうなと思われる足が見えました。
ここかもしれないなぁ・・・。
見慣れた母の足を私が間違えるわけがない!己の勘を信じて「ここだ!」とカーテンを全開で開けました。

するとまったく知らない女性が立っていてこちらをきょとんとした顔で見ていました。
その方は何も身にまとっていませんでした。そう、
全裸でした・・・!

どうやらシャワーを浴びているようでした。
よりにもよって全開でカーテンを開けてしまいました。
私は「しまった!」と思い、ごめんなさいも言わずに急いでカーテンを閉めてしまいました。
その隣が母たちのいる脱衣所でした。

夏休みのプールなのでたくさん人もいて混みあっていました。
その中でカーテンを全開にしてしまい、恥ずかしい思いをさせてしまったことでしょう。

私はとても悪いことをした気になって、そしてなぜか怖くなって母にも言えず、何もなかったようにしていました。後から恥ずかしさもこみ上げてきました。一番恥ずかしかったのは女性の方なのに。

その頃の私はよく人間違いをしていました。
ホームセンターに出かけているときに「おとうさーん!」と腰に抱きついたら全く知らないおじさんだったり、スーパーでお菓子を全然違う人の買い物かごに入れてしまったり・・・本当によく間違えました。

自分のクラスを間違えて隣のクラスに入ったりもしていました。
人見知りなので、「知らない人になれなれしくしてしまった!」とその都度非常に恥ずかしく思いました。

その中でもこの出来事は人生最大の人間違いだと思います。
今でも誰にも話していません。
それくらい罪悪感がぬぐえない出来事です。
今思い出しても顔から火が出る思いだし、落ち込んできます。

すぐにカーテンを閉めてしまったのであの女性がどう思ったのか、怒っていたのかもわかりません。
家に帰って誰かに話したりしたのかな・・・。
しばらくは「あの人が家まで怒りにくるのではないか」と少しおびえていたように思います。
母に「温水プールに行こうか」と言われても「あんまり行きたくない」と断っていました。
あの女性には本当に申し訳ないことをしてしまったなと20年以上経った今でもたまにこのように思い出します。

母以外の女性の裸を目の当たりにするのも初めてで動揺してしまったというのもあったと思います。
それにしても何も言わずに去っていくなんていくら幼稚園児でも非常識だよなと思いますが、子供のしたこととして許してくれてたらなと願ってしまいます。

記事提供:Arrayさん

249planet みんなの体験談で井戸端会議

人生最大の人間違い、恥ずかしい限界を超えた後味悪い結末が。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

249planet最新記事をお届けします

共感できましたら下記ボタンよりシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もう1記事いかがですか?

Comment

Comment





Comment