toggle
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015-11-13
残酷だけどそれが現実、本当に恐ろしいのは無関心よりも無知だと思い知ったこと

残酷だけどそれが現実、本当に恐ろしいのは無関心よりも無知だと思い知ったこと
18404 pv

その時私は、
まだ足先が車道に少し出ていることに
気付きました。

そこへ車が左折しようと
ウィンカーを出して近づいてきました。

たぶんその時点では
運転手から倒れた人が
見えていなかったのかもしれません。

私は本当にヒヤッとしました

車が女性の足をひいてしまうのではと
思ったからです。

でもギリギリで運転手も女性に気づいたようで
車はゆっくりと避けるように左折していきました。

私は信号が変わったとたん、
女性に駆け寄り「大丈夫ですか?」と声をかけました。

地面にうつ伏せだった女性の返答はありません。
「大丈夫ですか?立てますか?」と言いながら
肩を軽くたたきました。

すると、
少し頭をあげ、
小さな声で「大丈夫です。ありがとうございます。」
言ったのです。

意識があったとホッとして、
女性を起こそうと手を伸ばした時、
ふと女性が倒れていた地面に
血がポタポタと落ちるのが見えました。
ビックリして顔を覗き込むと
鼻から下が血だらけでした。

急いでハンカチを取りだし、
手渡そうとしたのですが、
女性は申し訳ないと片手で
ハンカチを押し返すばかり。

1 2 3 4 5

249planet みんなの体験談で井戸端会議

残酷だけどそれが現実、本当に恐ろしいのは無関心よりも無知だと思い知ったこと

この記事が気に入ったらいいね!しよう

249planet最新記事をお届けします

共感できましたら下記ボタンよりシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もう1記事いかがですか?

Comment

Comment





Comment