toggle
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015-07-28
つり革で5個、3個と痴漢目的で近づいてきたオジさんに反撃した女子高生

つり革で5個、3個と痴漢目的で近づいてきたオジさんに反撃した女子高生
5999 pv

このオジさん何か変!!と思ったら近づかないようにしましょう。痴漢目的かもしれません。
夏は特に露出が増えます。なので変質者が多いそうです。

高校2年の夏の事です。
極々、平均的な女子高生の私でしたが、一学期の終業式後、明日から夏休み~と浮かれ気分の中
いつもの仲良し4人組で、このまま渋谷へ行こうと話がまとまりました。
制服姿で山手線に乗り、ウキウキと楽しい車内で遭遇したのです。

お昼過ぎの車内は比較的空いていたのですが、お店やお買い物の話をするために
2人が座り、私ともう1人が立って向かい合っていました。
私達の近くの席もポツポツと空いていて、立っている人も殆どいないのんびりした車内でした。

しばらくすると、車両の端っこにいた、メガネをかけた痩せっぽちの『オジさん』が
ブラリと、私達の方へ近づいて来たのです。
一瞬!『何?』と思ったのですが、ちょうど、海用水着の話で盛り上がっていて
その後は全く気にしていませんでした。

途中駅に着いた時。。。ふと気づくと
私からつり革5個程離れた場所に立ち、窓の外を眺めている様子の『オジさん』
『あれ?』…何か違和感?!
この『オジさん』もっと離れた所にいなかったっけ???
と思いながらも、又々…話に夢中になって行きました。
つり革で5個、3個と痴漢目的で近づいてきたオジさんに反撃した女子高生
次の駅に着くと、つり革3個目の所にいる『オジさん』が
新聞を取り出し読んでいる姿が窓ガラス写っていました。
『ちょっと変???』と気になって来た私

そして…間もなくすると、横方向から太もも辺りに何かが触れる感触が!!!
エっ?!と見ると『オジさん』の肩から下げたショルダーバッグが触っていました。
『ウソ!!!すぐ隣まで来てるじゃん』とビックリ!!!

つま先と目で全員に合図をすると、ピーンと来た友人達!!!
隣の子がゆっくり『オジさん』の反対側に移動し
座った1人が下から『オジさん』をジッと睨み
もう1人が立ち上がり『オジさん』の後ろ側へ!!!
そう!!!4人で囲みました。

え、新聞が逆!?

『オジさん』はピクリとも動きません。
メガネの奥の目はジッと新聞に釘付け状態
「オジさん!どうしたの?新聞が逆さまだよ」と私がからかい気味に声をかけても
硬直したままで……つり革と新聞だけが小刻みに震えていました。
「私達の話に興味あるの?」ともう一度訊くと
黙って新聞を広げたまま、つり革1個分離れようとしました。
友人は急いで避け、睨みつけています。

又…1個、固まって新聞を見据えたまま、又…1個…と離れて行きます。
き・気持ち悪い~~~こめかみにはうっすらと汗が滲んでいるのが見えました。

女子高生4人に囲まれても、新聞から目を離さず表情を動かさない『オジさん』
膠着状態が続き、全員で詰め寄ろうとした瞬間!
電車が停車!!すると『オジさん』は!!!
私達にぶつかり、突き飛ばさんばかりの勢いで
開いたドアから飛び出し、走って逃げて行きました。

『オジさん』の素早い動きと勢いに、呆気に取られたまま目で追うだけの私達!!!
電車のドアが閉まり、動き出した頃にようやく
キャハハハハ~~~と一斉に笑い転げたのですが
「何があったの?」と疑いたくなるような出来事でした。

後はもう、『オジさん』の話で大盛り上がり!!!
「絶対に痴漢だよね!!!」
「常習犯じゃない?」
「ホントに気持ち悪かったよね」
「新聞逆さまですよ~は良かった~」
「逆さまだって気づいて無かったみたいじゃん」
「ナンでつり革命!みたいにしてたんだろう?」
「手を挙げてるから触れませんってアピールかな?」
「触る時は新聞で隠すつもりだったんだよ」
「浅はか~~~」
「でもさ!あのつり革1個づつずれて行く神経ってナニ~」
「漫画みたいだったよね」
「真昼間にナニ考えてるんだ~~~」
「ひ弱そうな見かけによらず大胆だよね~」
「満員電車でもないのに~」
「もう少し気づかない振りしてたら、触ったかな?」
「ア~ァなんか悔しいな~」
「とっ捕まえたかった~~~」
「あの逃げるスピード、尋常じゃなかったよね~」
「でも、被害に遭わなくて良かったって事か~」
「面白かったし~~~」
ギャハハハハ~~~っと話は尽きなかったけど
周りの大人達の反応は静かだった。

電車は渋谷に着き、ア~ァとため息をつきながら降りた私達。
改札へ向かう途中、駅員さんを見かけ。。。チラリと
『痴漢未遂報告』をしようかと思ったのですが
皆はもう、華やかな街へと話題が移ってしまっている様子で
『マっ!いいか~』とそのまま通り過ぎてしまいました。

50代になった今でも、笑い話?の一つとして、時々思い出しては
誰かに話す事があります。
あら~可愛い頃があったのね~なんて茶化されますが
今も昔も『痴漢』を含めた犯罪は変らず、益々悪質になって続いています。
どうか現代社会でも、笑い話として終わる事を願いたいです。

まとめ

痴漢行為は絶対に許されることはないのですが、
万が一痴漢にあったら、恥ずかしがらないで犯人を捕まえることが大切ですね。周りの乗客の方もきっと助けてくれるはずです。
痴漢被害者を一人でも少なくなる世の中を切に願っています。

記事提供:c_m3さん

249planet みんなの体験談で井戸端会議

つり革で5個、3個と痴漢目的で近づいてきたオジさんに反撃した女子高生

この記事が気に入ったらいいね!しよう

249planet最新記事をお届けします

共感できましたら下記ボタンよりシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もう1記事いかがですか?

Comment

Comment





Comment