toggle
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015-07-22
アパート火災で九死に一生を得た背景に隣家の夫婦関係があった

アパート火災で九死に一生を得た背景に隣家の夫婦関係があった
6325 pv

自分のアパートの部屋が燃えている。運が良く火災現場にいなかったために一命をとりとめました。もし部屋にいたら、焼け死んでいたのかも知れません。この火災の原因を作ったのは、喧嘩の耐えない夫婦が住んでいる隣の家でした。

今から30年くらい前、大学卒業後、社会人になったと同時に、実家を出て、都内で一人暮らしを始めました。
2階建て、全6戸のモルタルのアパートです。
白い壁の女性専用アパートでした。
勤務先にも近く、買い物も便利な場所でしたので、20代は、ほぼ、このアパートで過ごしました。

住み始めて、5年くらいが経った頃、一戸建ての隣家で、毎日のように激しい夫婦喧嘩が始まるようになったのです。
私の部屋は、アパートの角部屋でしたので、その隣家とは、路地一本隔てた距離です。

どちらかといえば、奥さんの金切り声が目立っていました。
当時、仕事が忙しく、アパートへは寝に帰るだけでしたが、時々、深夜に喧嘩が始まると、非常に気になりました。

町内会にも入っておらず、アパートを含めた近所付き合いもありませんでしたから、このお宅のことは、特に情報もありませんでした。が、よく通っていたスーパーの店員さんから、「お隣のご夫婦、ちょっと変わってるみたいよ」と言われたので、それなりに、隣近所では有名な変わった夫婦だったようです。

私が28歳の時、その事件が起こりました。
ある週末、私は、久しぶりに実家へ帰っていました。
日曜夜のニュースを見ていたら、「本日未明、○○区○○で火事があり、焼け跡から、女性の焼死体が見つかりました」というニュースが出ていたのです。

○○区○○というのは、まさに、私が一人暮らしをしていたアパートのそばでした。
テレビ画面に映った場所は、一瞬しか見ていませんでしたし、○丁目まではわからなかったので、あまり気にも留めていませんでした。

そして、翌朝、実家から通勤しようとしたその時、アパートの大家さんから電話があり、全焼した家が隣家であり、もらい火で、アパートも半焼しているとのことだったのです。

とるものもとりあえず、会社に連絡を入れて、アパートへ向かいました。
隣の家は、骨組みしか残らないほどに激しく燃えており、私の部屋も半分焦げていました。その上、消火活動により、ほとんどの家具が水浸しになっていたのです。

さらに衝撃的だったのは、隣家が出火原因でした。夫婦喧嘩が爆発したようで、奥さんがガソリンに火をつけ、自殺を図った末に、亡くなっていたのです。ご主人は、警察で取り調べを受けているということでした。

アパートの住人は、私の上の階に住んでいた人が、煙を吸い、病院で手当てを受けているとのことでした。
私の部屋は、全焼した隣家とは、路地一つしか離れていませんし、壁と壁側に置いたベッドは、完全に焼失していました。
失火時刻が未明だったことを考えると、もし実家に帰らず、いつもどおり、ベッドで熟睡していたら、煙を吸い込み、かなり危ない状態だったことは確かです。

夫婦喧嘩の果ての焼身自殺に巻き込まれて、命を落としていたら・・・と、今考えても、実家に帰っていたのが何と幸いであったかと思わずにはいられません。

しかし、本当の苦労は、ここから始まりました。
家具はもちろん、洋服や書籍、CDなど生活用品は、ほとんど、水を被ってしまいました。
かろうじて残った洋服類も、煙の匂いがものすごくて、洗濯すれば、なんとかなりそうな状況ではありません。
つまり、私は、生活道具のほぼ一切を無くしてしまったのです。
火災保険には入っていませんでしたから、何の保障もありませんでしたが、○○区から、お見舞金として2万円いただきました。

ひとまず、会社には、状況を話して、一週間のお休みをいただきました。
再び、実家へ戻り、両親とも相談し、アパートの部屋は引き払うことにしました。

焼身自殺が起こった家の隣になど、とても住む気にはなれません。
ゴミとして廃棄できるものは、すべて廃棄しました。
その他の事後処理は、担当の消防署が行うとのことでしたので、消防署にも出向き、手続きをしてきました。

隣の家、あるいは、隣の部屋の住人のことを、どれだけ把握しているでしょうか。
どの家もいい人ばかりで、何の問題もない家庭なら、安心できるかもしれません。

でも、人間というものは、何かのきっかけで、いともたやすく暴発してしまう生き物であるということを、思い知らされました。

あの日、あの夫婦の間で、何か起こったのでしょうか。
どうして、周囲を巻き込むかもしれない方法で、奥さんは、自殺を遂げたのでしょうか。

人間の心の闇のようなものを実感して、今でも、思い出すたびに、血の気が引いて行くのを感じます。
その後、アパートの大家さんに聞いてみた所、全焼した隣家は、ひとまず更地にして、駐車場にするらしいということでした。

記事提供:Arrayさん

249planet みんなの体験談で井戸端会議

アパート火災で九死に一生を得た背景に隣家の夫婦関係があった

この記事が気に入ったらいいね!しよう

249planet最新記事をお届けします

共感できましたら下記ボタンよりシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もう1記事いかがですか?

Comment

Comment





Comment